公認会計士・税理士の藤沼です。

独立の傍ら、副業で監査のバイト(その他、色々)をしています。

独立直後は  収入が安定しないため、色々な副業に手を出して生活していました。

特に、監査のバイトでは時給7,000円もらえる為、「副業」と呼ぶには美味しすぎますね…。

そこで今回は  そんな私の経験をもとに、①会計士にオススメの副業 と ②副業のできる会社 をご紹介します。

 想定読者

  • 副業をしたい会計士の方
    or
  • 副業OKの会社を探している方

少しでもご参考になれば幸いです。

 

一般的な副業は、大きく4つ

一般的な副業は、大きく4つ

事務所をスタートした頃は、全くと言って良いほど仕事がありませんでした。

「収入ゼロ」というのは死活問題でしたから、ネットで必死に「副業」を調べました。

2020年現在、一般的(代表的)な副業は4つあります。

 一般的な副業

  • 転売・せどり
  • 物販
  • アフィリエイト(ブログ)
  • Youtube

いずれも、土日の空いた時間でできる副業です。

しかし  私自身すべて試したものの、、、どれも失敗でした。

 

1.転売・せどり

転売

実は  私も13年ほど前まで、転売をしていました。

当時は今ほど「転売」のノウハウが知られておらず、ライバルが少なかったため  簡単に儲けることができました。

しかし、今は競合がひしめき合っており、社会的批判が増えたことからも  稼ぎづらくなりました。

転売で最もオーソドックスなのが、①実店舗で商品をサーチ、②Amazonでの市場価値と照合し、③市価よりも安ければ購入、④AmazonFBAへ入庫 という方法です。

Amazon倉庫を利用することで、在庫リスクは負うものの  在庫の保管場所には困りません。

また、Amazonへの出品により、売れた際はFBAから発送作業も代行してもらえます。

ただし、この副業では会計士としてのスキルを生かすことができず、1から勉強が必要です。

また  実店舗に足を運ばなければならないことから、自家用車が必須となる点にも留意してください。

 

2.物販

物販

文字どおり、物を販売します。

最もかんたんな物販としては、私物を「メルカリ」で販売することです。

しかし  それでは限界があり、継続できる副業とは言えません。

副業界隈で「物販」と言うと、それは「中国でのOEM&日本国内販売」を指すことが多いです。

中国にもメルカリのようなサイトがあり、例えば「アリババ」というサイトでは、中国の業者が大量生産した物品を販売しています。(かなり安い)

これを大量に仕入れてAmazonで販売するのも良いですが、これではあまり利益が出ません。(日本国内にライバルが多いため)

そこで、中国業者と直接コンタクトを取り、自社ブランドを刻印した物品を大量生産させます。

すると、(内容は同じであっても)自社ブランドとして販売することができ、Amazonショッピング内でも「他の同製品とは別物」と扱われるため、自由な価格設定ができます。(これはAmazon特有のシステムです)

しかし、物販は「会計」「税務」等とは親和性が全くなく、会計士としての知見を活かすことはできません。

また、在庫リスクを抱えるためマーケット調査が必須であり、リサーチに相当な時間を要するでしょう。(もはや「副業」ではなく「業者」です)

そのため、何かしらの商品販売経験のある会計士の方にはオススメですが、そうでない方にはあまりオススメできません。

 

3.アフィリエイト(ブログ)

アフィリエイト(ブログ)

「ブログで稼ぐ」

耳にされた事のある方も、多いのではないでしょうか。

確かに、2017年頃までは副業としてアフィリエイトがブームでした。

月100万円以上の所得を得ていた主婦も実在し、簡単に稼げる立派な「副業」として 存在していました。

しかし、2020年現在は 状況が一変しました。

2020年5月に実施された、Googleコアアルゴリズムアップデート(正式名称:May 2020 Core Update)により、「個人」のブログがほとんど稼げなくなってしまったのです。

ブログアフィリエイトでは、Google検索からの流入がメインとなるため、Google検索での上位を取ることが重要です。

ですが先述のアップデートにより、「法人が運営しているメディア」が上位表示されることとなり、「個人が運営しているメディア」はほぼ死にました。

これにより、界隈で有名だった強豪アフィリエイターが  続々と引退しました。

ちなみに、ブログアフィリエイトで必要となる知識は、大きく次の3つです。

 アフィリエイトで必要な知識

  • SEO
  • WordPress
  • セールスライティング

SEO(Search Engine Optimization)とは、サーチエンジン最適化といい、Google検索アルゴリズムから評価されやすいWebサイトの作成ノウハウを言います。

WordPressとは、SEOに強いWebサイト構築ソフトであり、使いこなすためには(多少の)プログラミングスキルが必要です。

そしてセールスライティングとは、文字により物・サービスを販売することを言いい、Web上での営業マンとしてのノウハウを指します。

いずれも習得には非常に時間がかかり、私自身も挑戦しましたが、半年間1円も利益は出ませんでした…。

また  いずれの知識も「会計」「監査」「税務」とは親和性が低く、あえて会計士が副業とするメリットはないでしょう。

そのため、会計士が「副業」として取り組むには  コストパフォーマンスが非常に低いため、オススメしません。

 

4.Youtube

Youtube

近年、ブログアフィリエイトに代わる副業として、Youtubeが注目されています。

いや  注目どころか、「稼げる」ことが周知されていますね。

Youtubeは、撮影してアップロードすれば、誰でも動画を全世界に公開することができます。

そのため、(ブログアフィリエイトに比べれば)楽に始めることができる副業です。

しかし、Youtubeは(すぐに始めることができるものの)公開後すぐに売上が発生するわけではありません。

「収益化基準」を満たしたチャンネルのみ「広告」を貼ることができ、収益化基準を満たすまでは売上が発生しません。

 Youtubeの収益化基準

  • 総再生時間:4,000時間以上
  • 登録者数:1,000人以上

上記を両方満たさなければなりません。

チャンネルの内容等にもよりますが、収益化には最低3ヶ月、平均6ヶ月かかると言われています。

毎日動画を撮影し、編集し、再生数を元に分析し改善しなければなりません。(思っている以上に手間がかかります。)

 

また「公認会計士としての知見を活かし、Youtubeで稼ぐ…」というのは非常に厳しいです。

たとえば、公認会計士のYoutuberとしては、「小山あきひろさん」が有名です。

また、税理士のYoutuberとしは、「ヒロさん」と「大河内薫さん」の2名が有名です。

登録者数を比べると分かりますが、会計士の小山あきひろさんは登録者数4万人弱であるのに対し、税理士のヒロさんは17万人超え、大河内薫さんは20万人超えです。

なぜ こんなにも(会計士と税理士とで)登録者数に違いがあるのかと言うと、それは 公認会計士に需要がないから です。

Youtubeで稼ぐためには、多くの人に動画を見てもらう必要があります。

「税金」なら消費者に広く需要がありますが、「会計」に興味のある消費者は少ないのです。

そのため、何か「武器となる趣味」がある会計士の方にはYoutubeをオススメできますが、そうでない方(私も含めて)はオススメできません…。

 

会計士としての知見を活かした副業

会計士としての知見を活かした副業

せっかく「公認会計士」という貴重な資格を有しているのですから、私たちにしかできないことを副業にしましょう。

我々会計士の「知見」を活かせる副業は、次の4つです。

 会計士の知見を活かせる副業

  • セミナー講師
  • Webライター
  • ベンチャーの社外役員
  • 非常勤の監査バイト(オススメ)

特に  社外役員と監査のバイトは、(土日にできないものの)報酬が非常に高く、会計士の副業としてはオススメです。

 

1.セミナー講師

意外と、会計士なら誰でもできます。

始め方はかんたんで、会計系の転職エージェントが「セミナー講師」を募集していますから、そちらに登録するだけです。

私は「ジャスネットキャリア」というエージェントを使っていましたが、おそらく他のエージェントでも募集していると思います。

(宣伝になりそうなのでリンクは避けますが、「ジャスネットキャリア セミナー講師」で検索すると該当ページがヒットします。)

 

報酬については、(私の場合は)セミナー料金を全て自分で設定でき、売上も全て自分の収入になるという契約でした。

受講生は  経理部の方、または会計事務所勤務の方が大半です。

セミナー後は様々なご質問や相談を受けたりと、自分にとって実のある経験にもなりましたが、事前準備が多く必要なので手間がかかります。

「お手軽な副業」とは言い難いですが、講師経験のある会計士の方にはオススメです。

 

2.Webライター

会計・税務に関するメディアの「記事執筆」を請け負います。

たとえば私は、会計ソフトの「マネーフォワード」で記事を執筆していました。

(参考画像)

会計士の副業としての執筆記事例引用元:https://biz.moneyforward.com/accounting/basic/173/

会計士としての知見を活かしやすく、セミナーのように受講生から質問されることもありませんので、「お手軽」です。

なお、契約金額の相場は次のとおりです。

 未経験者の相場

  • 1文字あたり1円~3円

※ 1記事あたり2500~3000文字前後が一般的です。

メディアの探し方としては、「ランサーズ」「クラウドワークス」等のクラウドソーシングを利用すると簡単です。

多くのメディア(企業)が今も募集をかけているでしょう。

しかし  利用者数が多くライバルも多いため、単価も1文字1円など安いものが多いです。

 

そこで私は、Google検索から直接メディアを探しました。

例えば  まず「会計 メディア」と検索し、会計に関するメディア一覧を入手します。

そして次に「メディア名 ライター募集」で検索することで、そのメディアがWebライターを募集しているか確認します。(「メディア名」には、上記で入手した具体的なメディア名を入れてください。)

募集をかけているメディアでは 「募集要項ページ」を設けているため、そこから問い合わせを行います。

実際、私はこの方法で会計コンサル会社と契約し、ライターを副業としていた事があります。

メディアと直接契約することで、クラウドソーシングサイトに手数料を支払う必要がないため、金銭的にもお得です。

しかし、懸念点もあります。

 懸念点

  • 本名を公開しなければならない
  • クライアントによっては修正が多く、時給1,000円程度にしかならない
  • 多少、SEOの知識も必要

会計士の場合  監査法人などで「文書化作業」に慣れている方も多く、文章を書くこと自体は苦にならないでしょう。

しかし  編集者によるチェックもありますから、修正のキャッチボールに手間がかかります。(契約は文字単価ですから、執筆以外の作業が増えるほど  時給は下がってしまいます。)

また、ほとんどのケースで本名を公開しなければならず、ネット上に個人情報が残り続ける…というデメリットもあります。(私は開き直っていますが)

副業としてはお手軽ですが、デメリットも大きいため、十分なご検討を。

 

3.ベンチャーの社外役員

公認会計士として8年以上のキャリアを積んだ方には、「社外役員」という選択肢があります。

主に社外監査役ですが、社外取締役の求人も稀にあります。

常勤ではないため、出社日数が少なく(副業とは呼べませんが)時間を有効に活用できるでしょう。

ただし、難点があります。

 副業として社外役員を選ぶ際の難点

  • 出社する曜日などを選べない
  • 社会的責任を負う

役員経験は、会計士としてのキャリアにも大きなメリットとなるでしょう。

しかし、その分 社会的な責任を負います。

副業感覚ではなく、1つのキャリアとして考えるべきでしょう。
>>MS-Japanなら、社外役員求人を入手できます。

 

4.非常勤の監査バイト(おすすめ)

唯一、今も続けている副業が「監査法人の非常勤職員」です。

とにかく時給が高く、副業と呼ぶには もったいない程。

では実際に、私の「給与明細」を見てみましょう。

 副業1ヶ月分の給与明細

会計士としての副業の給与明細
4月(繁忙期)に13日間働いただけで、74万円の給料でした。

時給7,000円の契約です。

たとえば  週2日働くだけで年間520万円。
正直 これだけで十分食べていけます。

会計士の副業の中では、最もコスパが高いと思います。

会計士のバイトについては、公認会計士のバイトの時給は超高単価の記事で詳細解説しています。

また  この副業の探し方は、MS-Japan
という転職エージェントに登録し、紹介してもらうだけです。

私の時給はわりと平均的な方でして、中には 時給10,000円 という監査法人もあります。

ぜひ探してみてくださいね。

なお「土日」に非常勤で監査を行える法人は少ないですので、その点はご留意ください。

 

会計士として副業ができる会社を探す

会計士として副業OKの会社を探す

近年  週休4日+副業OKの会社が増えています。

正社員として週3日だけ働けば良いわけですから、「自分らしさ」を取り戻す方も増えるでしょう。

ここでは、そんな副業OKの会社の探し方と、個人的におすすめな 副業OKの監査法人 をご紹介します。

 

副業OKの求人を探す方法

求人を探す際は、転職エージェントを使うことになります。

そして 副業OKの会社は増加傾向ですが、全体としてはまだまだ少数です。

そのため、できる限り会計士向け求人の多いエージェントを利用すべきでしょう。

1番のオススメはMS-Japan
です。

なぜなら  唯一の会計士専門エージェントであり、求人数もNo.1だったからです。
>>関連記事:公認会計士がオススメする転職エージェント【比較20社】

実際、副業可な求人数がとても多く、無料で使うことができます。

 

【非公開】副業OKの監査法人をご紹介します

実は  私の契約している監査法人でも、副業が認められています。

会計事務所を運営している方や、FXをされている方などが多くいます。(どちらが本業なのか、もはや分かりません。)

監査法人で副業を認めているケースは大変珍しく、実際に転職エージェントに登録してみると「副業OKの監査法人」はほとんどヒットしません。

理由は、「副業をバリバリやられては、本業に支障がでる可能性があるため」です。

そのため表立って「副業可」と記載する監査法人は、まだまだ少ないのです。

 

ここで、こっそりと求人をご紹介します。

非公開の求人のため  あまり詳細を書けませんが、

  • 規模:50~100名
  • 年収:BIG4と同程度
  • 残業:とても少ない
  • 社歴:40年以上
  • 副業:もちろんOK

という中小法人です。

珍しく「残業をあまりさせない」という方針の法人であり、人が全然辞めません。

もし ご興味のある方がいらっしゃれば、お問い合わせ下さい。

詳細を提供させていただきます。
>>お問い合わせ

 

会計士の副業まとめ

会計士の副業まとめ

最後にまとめです。

 会計士の副業まとめ

  • 最も稼げるのは「非常勤の監査」
  • 2020年下期は、副業OKの会社が増加中
  • 副業求人を探すなら、転職エージェントの利用がオススメ

監査法人での非常勤は、とても美味しいです。

副業というよりも、むしろ人によっては本業以上の稼ぎになるでしょう。(週5日入れば、年収1,500万ほどなので)

その他、副業求人を探す際はMS-Japan
を利用されると良いですよ。

会計士への需要は(思っている以上に)多いです。

本記事が、あなたの収入UPにつながったら嬉しいです。